2010年05月24日

口蹄疫拡大、獣医不足が深刻化…全国に派遣要請(読売新聞)

 宮崎県で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」が拡大の一途をたどる中、牛や豚を殺処分したり、診察したりする獣医師の不足が深刻化している。

 政府が新たに打ち出した総合対策で、20万頭以上の牛と豚へのワクチン接種が20日から始まる予定だったが、獣医師が集まらないため、この日のスタートを断念。牛などの大型の家畜を専門とする獣医師は多くないことから、農林水産省は畜産関係団体を通じて、ボランティアの獣医師を募り始めた。

 同省では口蹄疫発生当日の4月20日、都道府県を通じて、全国の家畜保健衛生所などに応援を要請。宮崎を除く46都道府県から2人ずつ派遣されているほか、国の動物検疫所の獣医師も含め、現在140人が宮崎入りし、殺処分にあたっている。単純計算すると、1人当たり約500頭を殺処分したことになり、「かなりハードな仕事ぶり」(同省幹部)だ。

 しかし、19日、発生地域から半径10キロ圏内の牛や豚約20万5000頭にワクチンを接種する政府の方針が決まり、人手不足に拍車がかかった。感染地域で殺処分にあたってきた獣医師は、未感染の農場にウイルスを広げてしまう可能性があるため、まだ感染していない牛や豚へのワクチン接種にはかかわれないという。

 このため、同省は、都道府県にさらに1人ずつの派遣を要請。国の機関や宮崎県内の獣医師と合わせて200人体制で臨むとしている。1人あたり1000頭に注射しなければならない計算だが、増員が完了する日取りも決まっていない。

 獣医師免許の保持者は全国で3万5000人いるが、そのうち、牛や豚など大型の動物を専門に扱う獣医師は4000人前後しかいない。獣医師でもある農水省の担当者は「家畜は大きさや種類によってかなり対処の仕方が違う。慣れない獣医師がすぐに注射できるかどうか。これ以上感染が拡大したらパンクする」と不安を漏らす。

 この獣医師は、「牛を殺処分する際には、数人がかりで押さえるが、短時間で首の静脈に薬液を注射しないと牛が暴れ出し、けられることもある」と、殺処分の大変さを指摘する。

 農水省は、「牛や豚を扱い慣れている獣医師なら、ぜひボランティアで宮崎に来て」と呼びかけている。

      ◇

 口蹄疫問題で政府が決定した総合対策を巡り、宮崎県内の関係9市町長は20日、東国原英夫知事と面会し、地元の声を政府に伝えるように申し入れた。

展覧会 「語りかける風景」展 東京・渋谷で開幕(毎日新聞)
ポルノは人間にとって悪いものではない
「事実を正確に説明」聴取終えた石川議員がコメント(産経新聞)
<事業仕分け>第2弾後半20日から 各省「独自仕分け」も(毎日新聞)
水島信金職員、1億円超着服=発覚後連絡取れず―岡山(時事通信)
posted by カシワザキ マサユキ at 19:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

<ハウステンボス>「ペットと来てね」…同伴を屋外全域で解禁(毎日新聞)

 長崎県佐世保市の大型リゾート施設「ハウステンボス」は15日から、ペット同伴で入場できるようになった。これまで同伴は、宿泊者に限り区域も限定していたが、「犬を散歩させたい」などの要望に応え、屋内を除く全域で解禁した。初日はバラの花が見ごろを迎えたアートガーデンで撮影会があり、午前中から多くの愛犬家が集まった。

 福岡県春日市から来た女性(51)は「今日からペット可と聞き、10年ぶりに来た」と、愛犬のトイプードルと笑顔だった。同伴には、入場料とは別に1匹500円が必要になる。【野呂賢治】

水墨画などで知られる、岩崎巴人氏死去(産経新聞)
「包丁は自宅から」3日前に自転車購入 大阪・小2刺傷(産経新聞)
高血圧はノンストップ進行です=特別列車で注意呼び掛け―東京(時事通信)
<遺体発見>さいたま市で22歳の男性 事件事故両面で捜査(毎日新聞)
漁船転覆で1人不明=タンカーと衝突の疑い−石川(時事通信)
posted by カシワザキ マサユキ at 01:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

20年以降 近畿で72件 消火器「攻撃」悩める教会 (産経新聞)

 ■見えない動機 犯人名乗る手紙も 

 キリスト教の教会や関連施設に消火器が相次いで投げ込まれている事件で、被害は平成20年以降、大阪や兵庫など近畿2府2県で少なくとも計72件に達することが7日、各府県警への取材で分かった。プロテスタント系の教会ばかりが襲われ、一部には犯人を名乗る人物から手紙が届いていたことが判明。ミニバイクで逃走する男が防犯カメラに写っていたケースもあった。狙いの見えない犯行に教会関係者に不安が広がっている。

 「ついに来たか」。先月22日に被害にあった兵庫県宝塚市の教会の牧師は、投げ込まれた消火器を見て思った。

 午前5時前、女性スタッフからの知らせを受け、確認すると、玄関脇の高さ約2メートルのガラス窓に直径約30センチの穴が開いていた。床には消火器と倒れた植木鉢。消火器は安全レバーを外して投げ込まれたとみられ、消火剤が噴射されていた。

 一連の事件は20年夏ごろから始まり、被害はこれまでに大阪、兵庫、京都、滋賀の各府県で計72件。いずれも深夜から未明に起きており、教会のほか関連の学校や保育園が狙われたケースもある。けが人はなく、各府県警は器物損壊容疑で捜査している。

 昨年末から今年初めにかけて犯行は止まっていたが、先月に入ってから大阪、兵庫両府県で再び続発している。先月27日に大阪市旭区の教会が襲われた事件では、近くの商店街に設置された防犯カメラに犯行の一部始終が写っていた。

 関係者によると、午前4時20分ごろ、黒っぽいダウンジャケットを着た男が、消火器を教会に投げつけた後、ミニバイクで逃走。消火器は破裂したとみられ、ピンク色の煙が上がっていたという。

 一方、大阪、兵庫などの複数の教会に今年1月以降、犯人を名乗る人物から、事件への関与を認める手紙が郵送された。

 昨年11月に被害を受けた大阪市内の教会には今年1月下旬、封筒に入ったA4判7枚のワープロ打ちの手紙が届いた。事件の犯人と名乗ったうえで「親族や友人に不幸があり、教会を攻撃すれば止まると思った」などと記されていた。

 ほかも同様の内容とみられ、各教会から提出を受けた警察は、犯人からのものか慎重に調べている。

 一連の事件を受け、約500の教会が加盟する「近畿福音放送伝道協力会」(大阪市)は、月に1度発行する機関誌で、防犯カメラや強化ガラスの設置などを呼びかけている。

 担当者は「警戒を強めすぎると、地域の人や信者が来にくくなるかもしれない。こういう状況だから仕方ないのかもしれないが、教会にとっては複雑な心境だ」としている。

                   ◇

 ■愉快犯にシフト

 犯罪心理学者の桐生正幸・関西国際大教授の話「当初は個人的な恨みなどを抱えた人物が、教会を狙って犯行を始めたとみられる。それが次第に、消火器の投げ込み自体を『自分がやった犯行だ』とアピールする愉快犯へとシフトしていったのではないか。警戒が強まった年末以降、一時的に犯行が止まっていた点やプロテスタント系の教会のみが集中的に被害にあっている点から、計画的に犯行に及んでいる疑いがある」

【関連記事】
また消火器投げ込み 今度は教会保育園
大阪・此花でもキリスト教施設に消火器
宝塚市のキリスト教会でも消火器投げ込まれる
大阪・池田、神戸の2教会に消火器 警察が関連を捜査
韓国籍牧師、女性信者への乱暴を否認 水戸地裁土浦支部で初公判
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

パロマ元社長が有罪 CO中毒死 元品質管理部長も 東京地裁判決(産経新聞)
子ども手当満額断念、民主が参院選公約原案(読売新聞)
増額分、全額現金は見送り=子ども手当−民主研究会が報告書(時事通信)
初の女性「鬼師」目指す!夢は「少しかわいく」(読売新聞)
<JR中央線>衝撃音で緊急停止 西荻窪駅・9本運休(毎日新聞)
posted by カシワザキ マサユキ at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。